Event is FINISHED

【無料】withコロナ下のドローン運用整理

Description

withコロナ下のドローン運用整理~これまでのドローン実装の見直し、再スタートを切るためにやるべきこと!~

コロナウイルスと共存するために、これまでの業務内容の見直しが求められています。
ドローン運用も同様に運用整理を実施し、7月以降にスムースに再開できるよう準備をする必要があります。

本ウェビナーでは、コロナ影響が残る中でのドローン運用を取り巻く状況変化を
ご説明し、今後どのように運用管理していくべきかについて、当社が推奨する
運用管理・品質管理の方法をご案内いたします。

===========================

【受講料】
無料

【日時】
2020年6月26日(金) 17:00 ~ 18:10

【会場】
WEB開催(Zoom利用)
インターネットの環境があればどこからでもご参加いただけます。
お申込みの確認後、閲覧用URLを送付いたします。

※下記注意事項のご確認とご了承をお願いいたします。
・参加者管理のため、ウェビナーへの参加は、ZOOMにサインアップされた方のみとさせていただきます。
・ZOOMのアカウントをお持ちでない場合は、サインアップいただけますようお願いいたします。
・ウェビナー上の表示名がお申込み氏名と異ると、ご参加をお断りする場合がございます。

【定員】
先着30名様

【対象】
ドローンユーザー企業(インフラ事業、プラント事業、不動産事業、保険事業、防災関連企業など)
また今後ドローンの導入を検討する企業

【主催】
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

【プログラム】
・コロナウイルス影響下におけるドローン活用企業が考えるべきこと
・アフターコロナ以降のドローン運用管理の変化
・ドローン運用キット活用法のご紹介

===========================

【講師プロフィール】



ドローン・ジャパン株式会社 取締役会長

春原 久徳(Sunohara Hisanori)


現在、ドローン関連コンサルティング、ドローンソフトウェアエンジニア育成事業、ドローンによる農業サービス開発を行っている。三井物産のIT系子会社で12年、米や台湾企業とITコンポーネンツの代理店権の獲得および日本での展開を担当。その後、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。2015年12月、ドローン・ジャパン株式会社設立。『ドローンビジネス調査報告書』『ドローンビジネス調査報告書【海外動向編】』(インプレス)を調査執筆、『ドローンプログラミング アプリ開発から機体制御まで』(翔泳社)を共同執筆、Drone.jpでコラム[春原久徳のドローントレンドウォッチング]連載中。他にも各産業業界誌で多数執筆。農林水産省、NEDOや各業界団体でのドローン関連の講師を年間60~80回程度行っている。



パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
ビジネスエンジニアリング事業部
ドローンソリューション部

城 純子(Jo Junko)


ベンチャーのアウトソーシングベンダーにて、都市部から地方へマーケティング領域の業務を移管する事業に創業期より関わる。
人件費高騰や人材不足による業務逼迫など運用品質に課題を持つ企業に対して、外部委託を中心に総合的なBPR/BPOの提供してきた。
また自社の体制拡大に向けて、業務設計や体制構築の流れ自体の標準化や知識の体系化を進め、社内の人材育成を進めてきた。
2018年より、パーソルプロセス&テクノロジーに在籍。
ドローンソリューション部では、ドローンを産業で安全に導入し、安定したサービス品質を維持するための、サービス構築とサービス運用のスキル体系化を担当している。

===========================
【セミナーに関するお問い合わせ先】
ppt-sky-safety@persol.co.jp